やさしい用語集

入り口はこちら

チムニータウンDAO(Discord)入り口

FAQよくある質問

CHIMNEY TOWN DAOでこれまでによくあった質問をまとめています
以下に無い場合はDiscord内でどんどん質問してください♪

CHIMNEY TOWN DAOについての質問

CHIMNEY TOWN DAO (CTD)は、DAOについて学ぶオンライン勉強会をきっかけに発足しました。同勉強会の配信を視聴したメンバー限定で、DAO参加認証用のNFT『SHINZO』を配布しました(mint時の手数料のみ発生)。イーサリアムのメインネット上のNFTを参加権とした認証に利用した本格的なDAOでありつつも、「DAOについて学びたい!」という思いをもつ『初心者に優しいDAO』です。

ヤンさんが発信している下記のページもご確認ください。

ゴミNFTコレクション『Poubelle』またはDAO参加認証用のNFT『SHINZO』をお持ちの方が、CHIMNEY TOWN DAOのDiscordの #dao参加手続きでウォレットを接続してNFTの認証を行うとDAOメンバーになれます。

ゴミNFTコレクション『Poubelle』は、毎週1モンスターを目安に描き下ろし、色違いの5〜6体のカラーバリエーションを販売します。OpenSea販売サイトオークション形式で販売しています。NFT画像1つにつきオークション期間は24時間で、価格は0.01ETH(現在レート:約2200円)からスタートします。​

CTD参加認証用のNFT『SHINZO』は、CHIMNEY TOWN DAOのmintサイト0.01ETH(現在レート:約2200円)で販売数上限なしで一般販売しています。購入にはガス代(手数料)がかかります。

DAOメンバーになるための具体的な手順は以下のようになっています。
 ①仮想通貨口座を開設する
 ②仮想通貨口座に日本円を入金する
 ③イーサリアム(ETH)を購入する
 ④METAMASKを作成する
 ⑤仮想通貨口座からMETAMASKへETHを送付する
 ⑥METAMASKでETH受取を確認する
 ⑦『SHINZO NFT』を購入する
 ⑧ 🔰-2-dao参加手続きをする

仮想通貨口座についての質問

国内の仮想通貨口座はたくさんあり、それぞれ特徴があります。どういう使い方をするかでおすすめの口座は変わってきます。以下に国内の主要な仮想通貨口座とイーサリアムで取引するときの特徴を挙げておきます。これを参考に自分にあった仮想通貨口座を見つけてください。
基本的にはどの口座も口座開設は無料でできます。

仮想通貨口座取引手数料入金手数料出金手数料送金手数料備考
販売所:無料
取引所:
Maker -0.02%
Taker 0.12%
無料550~770円0.005ETH取引可能な仮想通貨が多い
販売所:無料
取引所:
0.01~0.15%
0~330円220~770円0.005ETH
販売所:無料
取引所はありません
0~1,018円407円0.005ETH
販売所:無料
取引所:
Maker -0.01%
Taker 0.05%
無料無料無料
販売所:無料
取引所はありません
無料無料無料送金は3営業日以内と他の口座に比べて時間がかかります。

販売所:個人と仮想通貨取引所で仮想通貨取引を行います。
取引所:取引所に登録している個人同士で仮想通貨取引を行います。

一番大きな違いはスプレッドです。スプレッドとは、「販売所形式での取引で生まれる仲介手数料」のことです。
販売所の取引手数料は無料ですが、スプレッドがかかります。

メイカー(Maker)とは、取引板にない価格で注文を出すこと、あるいはそれら注文により約定した取引を指しています。

テイカー(Taker)またはテイカー注文とは、取引板に並んでいる既存の注文で約定する取引、取引板に並んでいる注文に合わせた約定を行う取引を指します。

ウォレットについての質問

シークレットリカバリーフレーズを絶対にメモしておきましょう。これを忘れると一生お金を取り出せなくなります
また、シークレットリカバリーフレーズは誰にも教えてはいけません!(銀行の通帳と印鑑、カード、パスワードを人に渡すのと同じです)
紙に書いて厳重に保管することをお勧めします。

次の3つの要件が重なると確実にウォレット盗まれますので、ご注意ください!

・シークレットリカバリーフレーズをスクショしている
・写真をiCloud、GooglePhotosなどのクラウドサービスへバックアップしている
・クラウドサービス(AppleIDやgmail)のメアドとパスワードを他のサービスと同じもので使い回している

ガイドのメタマスク案内には本物のメタマスクへの直リンクを貼っています。
google検索などで探した場合でも偽物サイトが出てきたりしますので細心の注意を払ってください!特に検索結果に「広告」とか「AD」となっているものは 100%ニセサイトなので間違ってクリックしない様お気をつけください。

ハードウェアウォレットのセキュリティは強固ではありますが、皆さんが「SHINZO」のNFTで経験されたような「ウォレットへの権限の承認」を、どんどん与えていってしまうと、その分セキュリティは弱くなってしまいます。
「SHINZO」ではウォレット内のNFTの有無を参照できる権限を与えているのですが、これがNFTを操作できる権限を与えてしまうと取られてしまうといった感じです。
だから、ウォレットへの権限の付与作業には細心の注意を払ってしなければなりません。

実際のところ、ハードウェアウォレットとMetamaskなどのホットウォレットの差は、PC自体をハッキングされた時にウォレットの秘密鍵がPC上にないので奪われないというだけで、ウォレットの使用権限を与えたことによって発生する詐欺などについては、使い方が同じであればコールドウォレット(ネットから遮断されたウォレット)でも、ホットウォレット(ネットに接続された環境にあるウォレット)でも変わらず被害を受けてしまいます。

セキュリティの強化と利便性はトレードオフになっています。

・ハードウェアウォレットは保存用と割り切り、送受信以外の作業以外はしない
・普段使いするものやサービスの連携が必要な場合はMetamaskなどのホットウォレットを使用する

など、用途によって使用を使い分けるとセキュリティがより高まるとおもいます。

使い方を間違えると高い買い物が無駄になってしまうので、気をつけていきましょう!

SHINZO NFT購入についての質問

よくある原因としては、以下のものが考えられます。一度、確認してみてください。

  • 自動翻訳がONになっている
  • ウイルス対策ソフトに邪魔されている

メタマスクのブラウザから開く方法を試してみてください。

URLをコピーする

赤い枠で囲った部分を長押しし、「リンクをコピー」をタップします。

メタマスクのブラウザを開く

メタマスクのアプリを開き「ブラウザ」を選択、メタマスクのアプリ上でブラウザーを開きます。

URLを貼り付ける

赤枠に、先ほどコピーしたURLを貼り付けます。

心臓NFT購入サイトのページに自動的にジャンプするので「NFTを購入する」をタップします。

『bad URL』というエラーが出ている場合は、コピーしている文字列に何か変な文字がついてしまっていて間違ったURLが張り付いてしまっている可能性があります。

うまくURLがコピーできない場合は、URLを手入力してみてください。

この画面が出た場合は、まずはウォレットの残高を確認してみてください。
SHINZO NFTは0.01ETHで購入できますが、購入時にブロックチェーンの手数料(ガス代)がかかります。

残高が足りているのにこの画面が出た場合は、「ページをリロードする」をタップして再試行してみてください。

再試行してもうまくいかない場合は、mintサイトが混んでいて、疑似的なクリック戦争になっている可能性があります。何度かやり直していると突然つながるかもしれません。もしくは少し時間をおいてやってみたほうがいいかもしれません。

openseaにアクセスし、メタマスクを接続して、プロフィール画面の『Collected』で見ることができます。

OpenSeaにアクセスします。
画面右上のプロフィールアイコンにカーソルを持っていって『Profile』をクリックします。
ウォレット接続画面で『MetaMask』をクリックします。
MetaMaskの画面でパスワードを入力して、『ロック解除』をクリックします。
Profile画面の『Collected』をクリックすると持っているNFTを見ることができます。

アプリ版メタマスクでNFTでは、保有するNFTのトークンIDを入力して追加すればメタマスク上にNFT表示させることができますが、特別な理由がない限りメタマスクでNFTを表示させる必要はありません。

購入直後やリビールからある程度の時間が経過しても、OpenSea上で期待した画像になっていないことがあります。

更新したいNFTの画面を開き、右上に出てくる「メタデータを更新」を押します。

少し待ってページをリロードすれば画像が表示されるようになります。

スマホの場合は、OpenSeaのアプリではなく、メタマスクのブラウザから操作をしてください。

DAO参加手続き(NFT認証)についての質問

ウォレットアドレスの取得がうまく出来ていない可能性があります。メタマスクをブラウザで開く方法で試してみてください。

URLをコピーする

「Connect Wallet」を押した後の画面で、赤い枠で囲った部分を長押しし、URLをコピーします(200文字以上の文字列です、漏れがないようにしましょう)。

メタマスクのブラウザを開く

メタマスクのアプリを開き「ブラウザ」を選択、メタマスクのアプリ上でブラウザーを開きます。

URLを貼り付ける

赤枠の「ブラウザ」の箇所をタップし、先ほどコピーしたURLを貼り付けます。

Collab.Landのページに自動的にジャンプするので「Sign Message」をタップします。

署名して完了

署名のメッセージが出てきたら「署名」を押します。

「Wallet Connected!」と握手の画面が出てくれば認証成功です。

discordの最初の画面に戻ると、これまで見れなかった全てのチャンネルが見られるようになります。

自動翻訳がONになっていないか確認してみてください。翻訳が「日本語」になっていると画面が真っ暗になってしまいますので、自動翻訳はOFFにしてやり直してみてください。

『Let’s go!』ボタンを押してから『署名』まで5分以上経つと時間切れになってエラーが出てしまいますので、『Let’s go!』ボタンを押すところからやり直してみてください。

何度もやっていると、Connect Walletの画面もたくさん出ていると思いますので、一番下の『Connect Wallet』を押しましょう。

『Let’s go!』ボタンを押すところから最後の署名まで5分以内を目指してやってみてください。

URLを正しくコピーできていない可能性があります。コピーするべきURLは2000文字くらいのとても長い文字列です。

まずは、左画面の赤枠部分をきちんとコピーしているかを確認してみてください。

赤枠部分をきちんとコピーしているのに同じエラーが出る場合は以下の方法を試してみてください。

『Let’s go!』→『Connect Wallet』→『うん!』で開いたページで、アンドロイドの場合は右上の3つの点の部分、iPhoneの場合は右下にあるコンパスみたいなマークから別のブラウザ(ChromeやSafariなど)で開いてアドレスバーから確実にすべてをコピーして、MetaMaskのブラウザに貼り付けてみてください。

参加手続きで握手の画面まで行ったのに名前の色が黄色にならないということは、参加手続きのところで接続したウォレットにSHINZO NFTが入っていないということになります。

まずは次のことを確認してみましょう。

  • SHINZO NFTがちゃんと購入できているか?
  • SHINZO NFTを保管しているウォレットアドレスと参加手続きで繋いだウォレットアドレスは同じか?
  • SHINZO NFTはCHIMNEY TOWN DAOの公式サイトから購入したか?

はい、入れなくなります(厳密には認証用NFTがなくてもINFORMATION内のチャンネルいくつかには出入りが可能です)。

CTDの場合、全ての書き込みを見るためには認証用NFT(心臓NFT等)が必要な仕様になっています。

ハードウェアウォレットに認証用NFTを移した後Discordに入れなくなったというお声もありました(この場合は再度認証を行えば再入場可能です)。

また、ハッカーに認証用NFTを抜き取られたためDAOに入れなくなってしまった方もいらっしゃいます。このDAOで活動を続けたい場合は、認証用NFTを手放さないようにしてください。

はい。いったんNFTホルダーは外れてしまいます。NFTホルダー認証 をハードウェアウォレットでやり直せば認証を戻すことが可能です。

CTD内の活動についての質問

ファンアートをDAO内に限定してシェアすることは許可されていますが、外部向けに宣伝・販売することは許可されていません。実施する場合は著作権を持っている(株)CHIMNEY TOWNとの契約締結が必要です。

CTDでは、参加者の安全を守るために、Contributor以上の役職(ロール)がないとウェブリンクが貼れないような設定にしています。ウェブリンクを貼るとスコップに怒られてしまいますので注意しましょう。

CTDには、「Admin(赤色)」、「Moderator(オレンジ色)」、「Contributor」、「新聞屋さん」、「図書館員さん」「Poubelleホルダー(青色)」というロールがあります。

Adminは、管理者でCTD内の管理・運営を行っています。

Moderatorは、調整者でDiscord内でAdminの補佐的役割を担っています。チャンネルの管理、ロールの管理、絵文字・スタンプの管理やピン留めしたり、他のメンバーのメッセージを削除する権限などを持っています。

Contributorは、CTDの活動に貢献している人です。ウェブリンクを貼る権限や@everyone、@hereを使える権限を持っています。

新聞屋さんは、日刊ちむにー新聞を発行している人で、#日刊ちむにー新聞チャンネル内での投稿権限、リンクを貼る権限を持っています。

図書館員さんは、チムニータウンDAOガイドを作成したり、CTDメンバーコンテンツの運営をしたりしています。ガイドやコンテンツの修正依頼は、図書館員さんにお願いしましょう。

Poubelleホルダーは、ゴミNFTコレクション『Poubelle』の購入者です。CTDには、Poubelleホルダーしか入れない部屋があります。

ロール(役職)を確認するには、オンラインメンバー一覧から確認したいメンバーをクリックして詳細を開き、「ロール」を見ることで役職を確認することができます。

不定期にそれぞれが付与されますが明確な条件や方法は設定されていません。ロールの種類は必要に応じて増減されます。 各ロールは全て主役であるDAOメンバーのサポートのためにあります。

参加者の認証用NFTを紐づけて行う投票です。CTDではsnapshotという投票システムを使用しています。 投票方法についてはこちらを参考にしてください 。

CTDのスーパーエンジニアである中田さんが一夜にして作り上げたCTD専用の投票システムもあります。Snapshotと同じように「心臓NFT」がないと投票はできないようになっています。投票方法についてはこちらをご参照ください。

AIお絵かきガイド』をご参照ください。

もちろん、大丈夫です。ただし、以下の注意事項だけは守ってください。

やってはいけないこと

・個人名を呪文に使用しないでください
・著名人であっても呪文に使用しないでください


 例)チムニータウン風の絵を描く→OK
   〇〇 〇〇さんの絵を描く→絶対にNG!
   in <画家> style、by <画家>→画風を表現するときに使うのはOK


精巧になるほど、フェイクで何でもありなので、断固としてそういう使用法は許可していません。最悪の場合、訴えられます。素敵な使い方で存分にAIお絵かきを楽しんでいただければと思います。
ご理解、ご協力をよろしくお願いします。

CTD内のAIお絵かきの著作権は【呪文を描いた人】に紐づきます。
(※ Midjourneyの場合は課金プランへの登録が必須です。)

ただし、入力文字とは無関係に「出来上がった絵が手で描いても他者の権利を侵害していると判断されるならAIが描いてもダメ」と判断いただければと思います。要するに、AIを使っても使わないくても権利の問題は一般論と変わりません。
AIが作り出した絵が、たまたま世界のどこかの作家さんの絵にめちゃくちゃ似ていた場合は著作権に引っかかる事もあるという事です。たまたま世界のどこかの作家さんに似ているっていうリスクは、手書きをしている絵師さん全員も思っています。
とはいえ、今やキャラクターのポーズや髪型など「世界の何者にも似ていない!」と言い切ることは不可能ですので「程度の問題」かとは個人的には思いますが、最終的にはご自身でご判断ください。

作った画像の商用利用はOKです。
ただし「手で書いてアウトなものはAIで書いてもアウト」です。

分かりやすく例えると、AIお絵かきで●ッキーマウスやピ●チュウを書かせてTシャツにして売るのはアウトです。

チャンネル、スレッドから専用のコマンドを入力することで相手のウォレットに好きな量のThank you(ETH)を寄付できます。

使い方:カンタン!!
①自分のウォレットアドレスを登録する。
②Thank you(ETH)の寄付をする。

CTDで勉強会がたくさん開催されるのは、あまり好ましいとは思っていません。
正直なところ目が届かなくなりますし、将来的な質の担保もできません。
「CTDは初心者の集まりである」と外部にバレバレですので慎重にはなります。

本当に意義のある活動でしたらCTDの外で単独で活動できるはずです。

詳しくは知らないのですが、西野さんのオンラインサロンでも過去に同じような問題があったようで、現在ではフットサルなどの活動も株式会社チムニータウンがpeatixでチケットを売ったものしか活動を認めていないようです。

オンラインサロンメンバーが勝手にサロン内で有意義な勉強会などをすることを表向きは認められてないのです。

各自がCTDの外でTwitterなどを使って人を集めることは問題ありませんが、CTDのDiscord内で他のDAOの紹介やCTD外の活動への勧誘はNGです。

NFTについての質問

OpenSeaで購入したNFTのページを開いて、ダウンロードしたいNFTをタップする。
開いたNFTの画像を長押しする。
『”写真”に追加』をタップする。
これで”写真”に保存できました。

OpenSeaで購入したNFTのページを開いて、ダウンロードしたいNFTを右クリックします。『名前をつけて画像を保存』をクリックし、名前をつけて、「保存」をクリックすれば保存できます。

一切触らずに無視してください!それは見知らぬ人が勝手に送り付けてきたものです。悪意のあるプログラムが仕込まれている場合があります

身に覚えのない物を触ってはいけません!

ウォレットの中身は全世界の方が見れる仕様になっていて、詐欺師はウイルスや、あなたの資産を抜き取るプログラムを組み込んだNFT を送り付けて来ます。

ウォレットから消すこともその行為自体がウイルスを発動させることになる場合があるので「触らず放置」が最善の防御となります。


※実際に触ってしまったために、NFTや仮想通貨を抜き取られる被害にあってしまった方もいらっしゃるので、「身に覚えがないものは触らず放置」し、不安があれば、触る前にヘルプチャンネルにコメントし助けを求めてみてください。

CHIMNEY TOWN DAO のコレクションサイト
偽コレクションサイト

パッと見は同じに見えますが、上が本物のコレクションサイト、下が偽物のコレクションサイトです。
まずは、コレクションの総取引量(total volume)をチェックしましょう。有名なコレクションにも関わらず、取引量が少ないのはおかしいです。
URLも違います。OpenSeaでNFTを購入する場合は、必ずそのコレクションの公式サイトからNFT購入画面に行くようにしましょう。

オークションに参加するにはWETHの準備が必要になります。以下の手順に沿ってやってみてください。

WETHとはWrapped ETHの略称です。1ETH=1WETHです。

OpenSeaではNFTに入札を行うオークション形式での取引や販売されているNFTにオファーを出すときにWETHが使用されています。WETHを使用するNFTには通常のイーサリアムとは異なる赤色のアイコンが表示されています。

購入出来なかった場合、WETHは戻ってきます。オファーの期間がおそらく3日間になっているかと思いますので、その期間が終わると戻ってくると思います。

まずCTDに限らない一般論としての権利についてなのですが、例えばディズニーランドでミッキーの絵葉書を買ったとしても、絵葉書に書かれているミッキーを使って勝手にTシャツ作ってはダメなことは御理解いただけると思います。
これは、アイドルのライブグッズでもガンダムのプラモデルでも同じで商品を買っても権利までもらえることは通常はありません。「それを買ったら権利まで取得できる」という商品は世の中にほとんどないのです。

これを購入したら商用利用含めて自由に使っていいですよ!というサービス(例えば有料の写真素材を販売しているサイトなど)も世の中にはありますが、それは事前に権利について説明がされています。

NFTも同じで「購入したら商用利用OKですよ」というNFTもあれば「購入したからといっても自由に利用は出来ませんよ」というNFTも当然あります。
それぞれのNFTの権利をどのように決定するかは製作者側に決定権があり、これはリアルの世界での通常の商品などと同じなんです。

そして、CTDのSHINZO NFTが参加権であるというご認識は正しいです。

今後、SHINZO NFTを持っていると将来価値が上がって儲かるとか、儲かりそうなNFTコレクションのWLが貰えるなどといった方向にはならないと思われます。SHINZO NFTそのものには投機的な価値はほとんど付きません。

SHINZO NFTの持つ本質的な価値は、まだ日本や世界でもほとんどの人が触ったことのないNFTやWeb3の世界に飛び込んだ人たちの集まりになりえるというところかと思います。
値上がりの期待できないSHINZO NFTだからこそ、投機目的ではなく純粋にNFT、Web3の可能性に人々を導くための受け皿になれると思っています。

お金目的の人はお金で離れていきます。
本当に強固なコミュニティはそうではないはず(最低限の経済基盤は大切ですが)なので、そこにご期待とご協力をいただければと思います。

Discordについての質問

まずは、チャンネルのルールを良く読み確認し、verified(確認した)を押してください。チャンネルに入った後は「ユーザー設定」→「安全・セキュリティー」→「ダイレクトメッセージ(DM)の警戒レベルを緑の安全第一に設定」してください。DMの受信設定OFFも即実行しましょう。←超大切なことです!

内容

どちらでも好みで選んで大丈夫です。 見るだけならスマホが便利(移動中に見やすい!)、返信したり何やかんやするならPCがオススメです。

通知をOFFにする設定をしましょう。

Discord全体の通知をOFFにする方法
特定のチャンネルのみ通知をOFFにする方法

これは、DAO内でのロール(役職)を意味しています。
【詳しくは】
白色(黒色)はNFT認証前、黄色はDAOメンバー、赤色はアドミン(管理者)、オレンジ色はモデレーター(調整者)、青色はPoubelleホルダー(『Poubelle』NFTの購入者)となっています。

内容

画面右下のプロフィールアイコンをタップします。
『ユーザープロフィール』をタップします。
プロフィールアイコンの✏マークをタップします。
『アバターを変更』をタップして、画像を選択するとアイコンを変更できます。
『⚙(ユーザー設定)』をクリックします。
『ユーザープロフィールを編集する』をクリックします。
『アバターを変更』または『プロフィールアイコン』をクリックして画像を選択するとアイコンを変更できます。

画面のライト/ダークモードは『ユーザー設定』の『テーマ』で変更することができます。ダーク、ライトはお好きな方で設定してみてください。

チャンネル選ぶ画面右下の自分のアイコンをタップします。
下にスクロールして、『テーマ』をタップします。
ライト/ダークが選択できます。
『⚙(ユーザー設定)』をクリックします。
『テーマ』をクリックします。
ライト/ダークが選択できます。

返信したいコメントを長押しして、「返信」をタップするとそのコメントに返信することができます。

返信したいコメントにカーソルを持っていくと、右上にメッセージのメニューが出てくるので、返信アイコンをクリックすると、そのコメントに返信することができます。

特定のロール(役職)やメンバーに対してメッセージを送信したときに通知されるようにする機能です。
メンションの送り方は、メッセージ入力欄に「@」を半角で入力すると候補が表示されます。表示された候補から選んでクリックします。

はい、同じサーバーの全員に通知が届きます。everyoneの通知はDiscordの中でもかなり強力ですので、同じ告知での繰り返し利用は控えましょう。

@hereは「オンライン状態のユーザーすべてに送るメンション」で、@everyoneは、「オンライン・オフラインなど状態に関わらずすべてのユーザーに送るメンション」となっています。

@hereと@everyoneは、Contributor以上の役職(ロール)で使える機能になっています。

チャット内のメッセージを保存できる機能です。重要な書き込みがログに流されるのを防げます。
ピン留めしたメッセージは「ピン留め」アイコンから、簡単に確認できます。
CHIMNEY TOWN DAOではピン留めできる権限は、AdminとModeratorのみに付与されています。

ピン留めアイコンをクリックすれば見れます

有料プランの「Discord Nitro」に加入すれば、CTD以外のDiscordのスタンプが使えるようになります。
ただし、著作権の問題がありますので、CTDのスタンプは他のDiscordでは使用しないようにお願いします。

『gm』とは、「good morning(おはよう)」の略です。Web3 / crypto界隈でよく用いられる用語です。応用編として、ga(good afternoon)、ge(good evening)、gn(good night)で挨拶をすることもあります。ぜひ、#あいさつチャンネルでDAOメンバーに挨拶をしてみましょう。

アプリの再起動をすると直ることが多いです。

しおりのような機能は備えていませんが、他の機能を使用し代用することは可能です。
【詳しくは】
「未読メッセージ」の表示を押すと最後に読んだところまでスクロールしてくれます。 もし過去から見たいのであれば画面右上の「検索窓」を選択し、上から4番目の「before」で読みたい日付まで戻ることは可能です。 「新着メッセージ」の表示をさせ、そこから読み始めたい場合 ・PCなら右クリック>「未読にする」 ・スマホなら長押し>「未読にする」 を選ぶと可能です。 たまに、パッとスクロールさせて眺めちゃったけど、じっくり読めないから後にしよう!って時とかありますが、その場合は好きなところに戻り、この「未読にする」を付けると便利です。

チャンネルやスレッドの引用リンクは以下の方法で貼ることができます。


わからない時、困った時は

チムニータウンDAOエントランス(誰でも見れる場所)にある「ヘルプ」という名前のチャンネルに書き込んでみてください。多くの優しいDAOメンバーがいますので、助けに来てくれます。

チムニータウンDAOは初心者に優しいDAOです。

ご参加をお待ちしています。

やさしい用語集

入り口はこちら

チムニータウンDAO(Discord)入り口


追記や修正の提案はDiscordで「@図書館員さん」までメンションでお願いします!